製作データ送信

【 度付きレンズ 注文手順 】 & 【 製作データ 送信方法 】

  1. 「フレーム(レンズ……で選ぶ)」と「レンズカテゴリ」でレンズ選択。
    または、「フレーム(レンズセット)」選んで、ネット注文する。


  2. 注文後、本ページ下部【 製作データ入力フォーム 】で、送信する


    以上です。(^^♪


    ※なお、製作に必要なデータとは何か?
     よくご質問頂くので、下に説明画像を貼っておきます。 



     


    ※お持ちの眼鏡と同じ度数が良い場合は、
     製作された眼鏡店でに上記データをお聞きになって下さい。
    ⇒そのデータを入力フォームで御送信下さい。


    ※当店に眼鏡を送って頂き、製作することも可能ですが、
     眼鏡の往復送料は、お客様の自己負担となります。


     

【 製作データ入力フォーム 】 


 【 補足説明 】

dosu-kanren-1

 例えば、

 使う眼鏡のレンズのサイズが「 51 ミリ 」。
 左右の眼の距離が「 60 ミリ 」前後だとします。

 「S-7.00」の度数だと、丸いレンズを加工してはめ込んだとき、
 使うのは、レンズの直系55ミリ前後位、余裕を見て『60ミリ』。

 上の表の「-7.00」の度数で、屈折率1.60と1.67の直径60ミリを比較すると、
 『5.7ミリ』と『6.3ミリ』で、0.6ミリの違いです。

 少ない数字のようですが、目の前に出されると、明らかに違います。
 ただそれをどう感じるかは、個人差があります。

 どのくらいから1.67素材がおすすめか聞かれて困るのですが、
 過去のお客様の反応を見ていると、条件にもよりますが、

 経験から考えると、近視の場合、-6.00前後から、素人が見ても違いが分かりやすくなるようです。
 ~私の経験談ですが、1.67素材にするか迷う方の一つの判断材料の1つになれば幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加